注目の記事 PICK UP!

ぺこ妊娠! りゅうちぇる、ついにおとっつぁん!

ペコ・りゅうちぇるカップル……いえ、今となっては夫妻ですね。

その夫妻がついに子供を授かったという事で、世間は大興奮の渦に巻かれています(憶測)。

妊娠したのは非常にめでたく実に素晴らしい事です。

しかし今日ここで私が取り上げたいのは、子供の名前についてです。

今回はこの夫妻のお子さんに対するネーミングがいかがなものか、ということを考察していきたいと思います。

男子は「リンク」

メンズだった場合のネームは、「リンク」という名にするとのこと。

一体どういう漢字を書くのでしょうか。

あるいは、漢字など最初から考えておらず、完全にカタカナ一本でいくか、カタカナと漢字を併せ持つサウスポーになるのか、その了見の程はぜひとも伺いたいところです。

由来

「リンク」という名前の由来。

これはかなり興味深いです。

「リンク」というと任天堂が制作しているゼルダの伝説。

この優れた作品を真っ先に思い浮かぶのは私だけでしょうか。

乃至は、リンクするという英語に起因するのか。

こういった様々なイマジネーションをはたかせることができることを考えると、考えさせることがそもそも夫妻の策略だったのかもしれませんね。

ふむふむなるほど、これは彼らからの挑戦状ともとれるわけですね。

誰もつけないであろう個性的な名前をあえてつけることで、世のニュースにするとともに、自分たちの知名度もアップ。

……売名ということでしょうか?

いやいやそんな馬鹿な。

ことりゅうちぇるさんに限ってそんなことはないはずです。

根拠はないです。

女子は「モナ」

ウィメンズだと「モナ」と名付けるそうです。

うーん、モナ王しか思いつきません。

それか、ペコとりゅうちぇるはお姫様王子様のイメージなので、そういう系に関する名前なのかもですね。

まとめ

どんな名前をつけようとも子供が大人になった時の事を考えたら、一般的に普通と呼ばれる名前を付けるのがベストではないでしょうか。

……と思いましたが、モナ王はどこかの王様、リンクは伝説の勇者。

所謂キラキラネームと呼ばれる名前をつけても、こういう名前であれば、社会のどこへ行っても高い地位の人間として崇められる可能性は無きにしも非ず。

というわけで。

一般的に普通と呼ばれる名前を付けるのがベストではあるが、周囲からの高待遇を未来永劫確約されている、もしくはそれに近似した内容が付加されるという条件付きの下に限り、その所以にしっかりと基づいたネーミングであればキラキラネームでも問題はない。

これが最終的な結論となりました。

関連記事

  1. 稲村亜美さん 痴漢にあう!?

  2. 佐々木希さん、妊娠!!!

  3. 濱田祐太郎さん R-1ぐらんぷり優勝!

  4. ユッキーナこと、木下優樹菜さん、テレビで浮気がばれる!!!

  5. おかもとまりさん いじめを告白

  6. ベッキー 山田風太郎原作のドラマに出演!

  7. カトパンさん 女優デビュー!

  8. ゆにばーす 引退!?

  9. 藤井聡太五段が最強すぎる件

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status